現代の日本の食生活の乱れについて

現代人は食生活が乱れていると言われています。
食生活の乱れの原因として挙げられるのは、過食や偏食、外食、不規則な食事、無理なダイエットなどです。
ハンバーガーやフライドポテトなどに象徴されているファーストフードですが、安価ですぐに食べることができる手軽な食事としてアメリカからあっという間に世界各国へと広がっていき、日本でもファーストフード店がいたるところにあるくらいに、現代人の生活の一部になってると言えるでしょう。
ファーストフードは栄養が非常に偏っているため、体に必要となっている栄養素をとることが難しいです。
また、食べ過ぎると肥満の原因にもなり、アメリカでは肥満率が約30パーセントにも達しています。
それによって、心臓病などの症状を訴える人が多くなってきており、肥満が原因となる医療費増加が社会問題になりつつあります。
他にも、コンビニエンスストアなどで手軽に食品を買うことができるということも問題になっています。

美味しいお酒と料理は水戸の忍家へ

最新記事